“スタート”の漢字の書き方と例文
語句割合
出発100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これでまず出発スタートはきまったわけである。
雪今昔物語 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
なあんだ、そんなことですか。それは一を知って二を知らぬからのことです。後方に動く無限軌道の甲板は十分役に立ちます。停っている飛行機が、出発スタートを始めたからといって、摩擦やエンジンの性能上すぐ全速力を出せるものではありません。ですから無限軌道の上で全速力を出せるまで準備滑走をやるのです。
浮かぶ飛行島 (新字新仮名) / 海野十三(著)