“エロス”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
思慕66.7%
愛の神33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この思慕エロスは彼の俳句に一貫しているテーマであって、独得の人なつかしい俳味の中で、ねぎにおいのようにけ流れている。
詩の原理 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
ただ「詩が実現されることの夢」であり、それへの思慕エロスにすぎないのだ。
詩の原理 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
仮令愛の神エロスは同名の遊星の如く一般の人々には不必要に思はるゝも古きエロスはかの新しく発見せられたるエロス(星の名)が天文学者の注意を引くが如く人々の注意を奪つたのである。
恋愛と道徳 (新字旧仮名) / エレン・ケイ(著)
而して吾人はこの恋愛の進化が何等前提せられたる理想の模型もなくして遂行せられたるを知るが故に、愛の神エロスは現在の上に吾人が今や曙光の自覚を有し始めつつある理想的様式を道徳的標準として課することなく依然として渾沌たる性的関係中より世界の改造を持続するであらうといふことを疑ふに都合よき何等の理由もないのである。
恋愛と道徳 (新字旧仮名) / エレン・ケイ(著)