“みさゝぎ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
御陵50.0%
50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
木立わづかにある方の明るさをたよりて、御陵尋ねまゐらする心のせわしく、荊棘を厭はでかつ進むに、そも/\これをば
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
当光山金岳寺といふ。真言宗なり。旧年にかかりて古物存するものなし。茅葺仁王門あり。金剛力士は雲慶の作といふ。松五本ありて五輪塔存す。これ聖武のなりといふ。此日暑甚し。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)