“ほぼしら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
帆柱50.0%
火柱50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
船のある事……帆柱ほぼしら巻着まきついた赤い雲は、夕日の余波なごりで、鰐の口へ血の晩御飯を注込つぎこむんだわね。
印度更紗 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
神道徳次郎を頭とし、修験者崩れの火柱ほぼしら夜叉丸、浪人で悪の紫紐丹左衛門、女勘助に鼠小僧外伝、そこへ因幡いなば小僧新助を加えて、天明の六人白浪といい、後世にまでもうたわれた盗賊、その中の外伝と新助とが、切り合いよかろう腕が鳴らアと、勇み立っているのであった。
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)