“びろおど”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
天鵝絨50.0%
天鵞絨50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
洞のうちには、天井にも四方の壁にも、すべて絹、天鵝絨びろおどなんどにて張りたらむやうに、緑こまやかなる苔生ひたり。
斜に肩に掛けたる、いろどりたる紐は、黒天鵝絨びろおどの上衣に映じて美し。
赤いふさある天鵞絨びろおどの帽子を
測量船 (新字旧仮名) / 三好達治(著)