“びとう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
尾藤40.0%
微東20.0%
美陶20.0%
鼻頭20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
柴野栗山しばのりつざん尾藤びとうしう、古賀精里、頼春水、桑山玉洲くはやまぎよくしう釧雲泉くしろうんせん立原翠軒たちはらすゐけん野呂介石のろかいせき、田能村竹田等は悉その友人である。
僻見 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「浅井、朝倉に山門の衆徒しゅうとも加わり、敵は何せい、二万をこえる大軍にござりますれば——無念、力も及びませぬ。信治様、森三左衛門どのの御最期につづいて、青池駿河あおちするがどの、道家どうけ清十郎どの、尾藤びとう源内どの、その他まだ……」
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「じゃあ、艇を、ここから東北東微東びとうへ向けて走らせよ。いや、要するに、紀州の南端なんたん潮岬しおのみさきへ向けて見よ」
地球要塞 (新字新仮名) / 海野十三(著)
琥珀色こはくいろにかがやく眼、黒く濡れ光っている鼻頭びとうのほか、全身の毛は雪を思わせる。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)