“のうのう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
暢々66.7%
喃々33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
フランスの物語——シャンフォールやセギュールや父デューマやメリメなどが乱雑につみ重ねられてる物語——の快活さが、彼の精神を暢々のうのうとさしてくれた。
修行は水に限るがの、気分の暢々のうのうするのは、何といっても温泉に限ったものですね。その温泉も、平地の温泉よりは、山の奥の温泉ほどいいですね。山の奥の温泉も、こんな湯槽の温泉よりも、野天の源泉、川の岸、巌の間といったのへ湧き出るそのところを湯壺にして、青天井の下で湯あみをするの愉快に越したことはありません。
大菩薩峠:27 鈴慕の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
聴水は連忙いそがわしく呼び止めて、「喃々のうのう、黒衣ぬし待ちたまへ」と、声をかくれば。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)