“どぶねずみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
溝鼠84.6%
溝渠鼠7.7%
溷鼠7.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……で悚気ぞっとしたが、じっると、鼠か、溝鼠どぶねずみか、降る雨に、あくどく濡れてっている。
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
溝鼠どぶねずみのやうな身体からだをして、両手を拡げて相手に抱きつかうとした。ビスマルクは慌てて逃げ出した。
池へ落ちた群衆が溝渠鼠どぶねずみのようになってい上がって、寒さに震えている。
「ええ、おい。嘘にもほんとうにもしろ、お嬢さんと駈け落ちをしたという色男じゃあねえか。どうで溷鼠どぶねずみだ。今更まじめな面をしたって、毛の色は白くならねえぜ」
半七捕物帳:20 向島の寮 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)