“とんちゃく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
頓着93.4%
頓著6.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
如何なる陰謀秘策をも頓着なく、いわゆる聖賢の心を以て蘇張の術を行うの一点に至っては、さらにその相類する所あるを見る。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
私は賢君が知っとる通り、ただ釣という事におもしろい感じを持ってるのじゃで、釣れようが釣れまいが、トンとそんな事に頓着はない。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
いつになったら滅亡してしまおうが、そんな事には頓著しないのではあるまいか。
かのように (新字新仮名) / 森鴎外(著)
趙七爺は頭をって言った。「どうあっても仕方がない。辮子の無い者はこれこれの罪に当る、と一条一条、書物の上に明白に出ている。家族が何人あろうともそんなことは頓著しない」
風波 (新字新仮名) / 魯迅(著)