“とじもの”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
綴文40.0%
綴物40.0%
綴本20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから宗一は、母の料紙筥を取出し、母の前で開けてみたところ、果たしてかびくさい二帖の綴文とじものがあらわれた。
茶漬三略 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
率八の話を綜合そうごうしてみると、それは尾州家の若殿徳川万太郎が秘持していた「御刑罪おしおきばてれん口書くちがき」の綴文とじものに相違ない。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「待て待て。いま、そちから敵状の仔細あらまし聞きとったが、もいちど、念のため、覚えをしておきたい」と、尊氏はよろいの袖から小さい綴物とじものと矢立の筆をとり出した。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
狼藉ろうぜきにとり散らされた反古ほごを踏みつけて、腕にも、反古の綴物とじものや、手紙や、蘭書らんしょらしい本などを、一抱ひとかかえほどもかかえている眼の鋭い与力風の男と、一人の町人とが、手に蝋燭を持って、家人の殺到にも、かくべつ、驚いた顔もせずに平然と立っているのであった。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、千蛾老人はふところから一冊の古びた綴本とじものたくの上へさし向けて、
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)