“そよかぜ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
微風93.4%
軟風3.3%
爽風1.6%
輕風1.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ネルロにとっては、微風そよかぜにそよぐポプラ並木の朝の景色も、もはや以前のように、たのしげに晴々しくは見えませんでした。
二人の上に垂れた楓の枝が微風そよかぜに揺れて、葉洩れの日影が清子の顔を明るくし又暗くしたことさへ、鮮かに思出される。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
軟風そよかぜの云ふを聞けば、⦅これはこれジュギュルタが孫!……⦆
軟風そよかぜの云ふを聞けば、⦅これはこれジュギュルタが孫!……⦆
この日は、初夏の爽風そよかぜもなく、殊に照りつけて、暑かったらしい。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
曉告ぐる五月の輕風そよかぜゆたかに草と花とを含み、動きてを放つごとくに 一四五—一四七
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)