“そっと”の漢字の書き方と例文
語句割合
率土100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お近婆さんは、地獄の率土そっとばばみたいに、骨と皮ばかりの青い顔を、ひっつらせながしゃべった。
あまり者 (新字新仮名) / 徳永直(著)
率土そっと 元后げんこういただく。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)