“そっと”の漢字の書き方と例文
語句割合
率土100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
率土そっと 元后げんこういただく。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「でも、ひとたび臣下の群れに落ちた涿郡たくぐんの一村夫である。普天のもと率土そっとひん。まだ一つの王徳も施さないうちに、たとえ後漢の朝は亡んだにせよ、予がそのあとを襲ったら、やはり曹丕のような悪名をうけるであろう。ふたたび云うな。予にはそんな望みはない」
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)