“せッかち”の漢字の書き方と例文
語句割合
性急100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「もうすこし。お前さんも性急せッかちだことね。ついぞない。お梅どんが気がかないんだもの、加炭ついどいてくれりゃあいいのに」と、小万があおぐ懐紙の音がして、低声こごえ話声はなしも聞えるのは、まだお熊が次の間にいると見える。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)