“すざく”の漢字の書き方と例文
語句割合
朱雀100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
六条院の御子の源中納言が参院した時に、御病室の御簾みすの中へお招きになり、朱雀すざく院はいろいろなお話をあそばされた。
源氏物語:34 若菜(上) (新字新仮名) / 紫式部(著)
御前ごぜん、中宮、朱雀すざく院へまわるのに夜がけるために、今度は六条院へ寄ることを源氏が辞退してあった。
源氏物語:31 真木柱 (新字新仮名) / 紫式部(著)