“じゃくちょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
寂超100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
康治二年に出家して寂超といい、その次の兄頼業近衛天皇の蔵人であったが、久寿二年、帝崩御のとき出家して寂然といい、長兄は為業といって
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
退治た伝説で有名な源三位頼政、西行法師、大原の三寂といわれた寂超寂然寂念の三兄弟、『金葉集』を撰んだ源俊頼の子の歌林苑の俊恵、少し若手では『方丈記』の鴨長明など
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)