“じたばた”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
七顛八倒33.3%
地動波動33.3%
地駄婆駄33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さうすると、了局しまひに那奴は何と言ふかと思ふと、幾許いくら七顛八倒じたばたしても金でしばつて置いた体だなんぞ、といた風な事を言ふんぢやありませんか。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
あつても差支無さしつかへない。それは公証人役場には証書の原本が備付けてあるから、いざと云ふ日にはそれが物を言ふけれど、この正本せいほんさへ引揚げてあれば、間貫一いくら地動波動じたばたしたつて『河童かつぱの皿に水のかわいた』同然、かうなれば無証拠だから、矢でも鉄砲でも持つて来いだ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「やあ! 難船だ、漂流だ!」と時化しけにあった臘虎ラッコ船の船長のように、筏の上、地駄婆駄じたばたとうろたえ廻ったが、いかにせん、筏はキャンヌの岸を離れることすでに四粁いちり余り