“じずり”の漢字の書き方と例文
語句割合
地摺100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「御家中の、地摺青眼どのが、龍王寺に泊っている武芸者を訪ねて、問答をしたことをお聞きになりましたか」
剣の四君子:05 小野忠明 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
翼のい、大きな蝙蝠のように地摺に飛んで所を定めぬ、煎豆屋の荷に、糸のような火花が走って
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
よく世間の武芸者のうちに、地摺青眼などということを口にするのを聞くが、そんな構えは何流にもありようはない。児戯にひとしいと、笑っていたそうです。
剣の四君子:05 小野忠明 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
地摺青眼どの、いよいよ、目はしら立てて、然らば見せよ、いざ起て、ときこんだそうですが、先はからから笑ってばかりいて、いずれお目にかけよう、今日はまずまずとばかりで
剣の四君子:05 小野忠明 (新字新仮名) / 吉川英治(著)