“じず”の漢字の書き方と例文
語句割合
地摺100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鍋山は左の足をぐっと引いて半身になり、木刀の尖を床につくほど下げ、(地摺り青眼とでもいうのか)凄味のある構えで、じんわりと伊兵衛の眼に見いった。
雨あがる (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
「ははあ。あの地摺青眼か。……ふッむ。さては、おぬしには、その身寄りの者とでもいうのか」
剣の四君子:05 小野忠明 (新字新仮名) / 吉川英治(著)