“しんまつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
新松50.0%
秦末50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
秋は新松だ、冬は酉のまちだ、歳の市だ……で、いつも家中ごつた返してゐます。
私のこと (新字旧仮名) / 木村荘八(著)
こゝを以て賽児の徒にして跡を潜むとも、秦末漢季きの世にでしめば、陳渉張角に天下を動かすの事をすに至りたるやも知るからず。嗚呼賽児も亦奇女子なるかな。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)