“しんせんじきょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
新撰字鏡100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また、榛は新撰字鏡しんせんじきょうに、叢生曰榛とあるから、灌木の藪をいうことで、それならばやはり黄葉もみじの心持である。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
最古の字書の『新撰字鏡しんせんじきょう』には菌の字の下に宇馬之屎茸と書いてあるところからみれば、この名はなかなか古い称えであることが知られる。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)