“しんじゅいん”の漢字の書き方と例文
語句割合
真寿院100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
妙了は特に渋江氏に縁故のある女ではない。神田豊島町の古着屋のに生れて、真寿院女小姓を勤めた。さてを取ってから人に嫁し、夫をって剃髪した。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
抽斎は小字恒吉といった。故越中守信寧の夫人真寿院がこの子を愛して、当歳の時から五歳になった頃まで、ど日ごとに召し寄せて、嬉戯するのを見てんだそうである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)