“しんじゅいろ”の漢字の書き方と例文
語句割合
真珠色100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の出るまで真佐子はまれる言葉の棘尖の苦痛をましているというえ方だった。やがて真佐子の顔の痙攣しくなって月の出のように真珠色の涙が下瞼から湧いた。
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
真珠色に光った海の色が、チカチカ眼をさした。
風琴と魚の町 (新字新仮名) / 林芙美子(著)