“しょくかん”の漢字の書き方と例文
語句割合
蜀漢100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
内供は、震旦の話の蜀漢劉玄徳の耳が長かったと云う事を聞いた時に、それが鼻だったら、どのくらい自分は心細くなくなるだろうと思った。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
蜀漢劉備諸葛孔明草廬を三たびう。これを三と言うてナ。、もと布衣……作阿弥殿、御名作をお残しになるよう、祈っておりますぞ。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)