“しゆつそ”の漢字の書き方と例文
語句割合
出訴100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たり然るに此時江戸へ出訴の事組頭出府致すべき處種々取込のことあるにより飛脚を村方より立ると云を九助は聞込何卒しを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
却下さるゝやも計り難く先年は北の御月番なりしかば此度は南の御番所へ出訴せん然すれば御役所もひ殊には此頃勢州山田奉行から江戸町奉行へ御見出しに相成たる大岡越前守樣へ持出しなば御新役だけ御力の入られ樣も違はん又聞所ば大岡樣は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)