“しもふさのくに”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
下総国75.0%
下總國25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
千葉県下下総国野田宿なる太田屋という宿屋へ泊り合せて、図らずも橋本幸三郎が奧木佐十郎と云う前申上げました足利江川村の機織屋が、孫の布卷吉を連れて亀甲万という醤油問屋へ参るに出会い
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
に享保年間下總國古河の城下に穀物屋吉右衞門云者あり所にびなき豪家にて江戸表にも出店十三ありて何れも地面土藏共十三ヶ所を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)