“しもしぶや”の漢字の書き方と例文
語句割合
下渋谷100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
六日に至って咳嗽甚しく、発熱して就蓐し、加答児性肺炎のために命をした。嗣子終吉さんは今の下渋谷の家に移った。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
もそののち下渋谷の近くの寮に鎌子が隠れ住むという風説が立つと、物見高い閑人たちはわざわざ出かけていって、その構えの垣の廻りをうろついていた。
芳川鎌子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
下渋谷の内藤家では
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
杵屋さんには渋江終吉というがあって、下渋谷に住んでいるというのである。杵屋さんの甥といえば、道純から見れば、孫でなくてはならない。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)