“しめしあわ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
諜合33.3%
喋合33.3%
牒合33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さもなければ、陳東海に双生児の兄弟でもあって、二人で諜合せてッたことかも知れない。
庭窪の蘇州庵で無残な利七の死にを見たとき、何等かの方法でやれぬこともないと思い、また、ひょッとしたら陳東海の双生児の兄弟が諜合せてやったことかとも考えていたが
かねて謀計喋合せた、同じく晩方げる、と見せた、学校の訓導と、その筋の諜者を勤むる、狐店の親方を誘うて、この三人、十分に支度をした。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
月こそ変れ、先君内匠頭の命日である上に、今生の名残りというので、大石内蔵助を始め十余名の同志は、かねての牒合せに従って、その日早く高輪泉岳寺にある先君の墓碣に参拝した。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)