“しおさ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
仕納75.0%
汐錆25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とてもの事に道楽の仕納しおさめには思ふさまつた妾宅建てたきもの何とぞ御暇おひまの節御意匠被下くだされまじくや。
雨瀟瀟 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
罪はみんな俺が引き受けてやるからナ……それが俺の人助けの仕納しおさめだ……なぞと親父は毎日のように云って聞かせたので、スッカリその文句を暗記してしまった。
鉄鎚 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
庭に汐錆しおさび松数本。
取返し物語 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
PR