“さえずり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
77.8%
囀声11.1%
囈語11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その声が語りつづけるに従って、彼は心ひかれて、そういうさえずりりをもってる小鳥を見んがために、椅子いすの上でふり返った。
春日ののどかなる趣は、ありふれた小鳥のさえずりよりも、雞の鳴声よりも、かえってこの雉子の声において深められたかの感がある。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
耳を澄ませば林から林、山から山と渡って行く渡り鳥のつつましい囀声さえずりが丘からも林からも聞こえて来る。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「この笛を見よ」と三太夫は銀色の小笛を摘まみ上げたが、「この小笛を吹く時は十里四方の小鳥ども一斉に翔けり集まり来る。……この小笛を吹いている間小鳥の囈語さえずりが理解出来る。……これこそ名高い『鳥音聞こえの木笛』じゃ! ……今小鳥ども申しておったぞ、その方の本体の大楠の木を数人の武士が焼き払っているとな」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)