“けいだい”の漢字の書き方と例文
語句割合
境内100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ええ、芝公園増上寺の境内に若い女の絞殺体が二つ、り捨てられていたというんです。ちょっと新聞の記事を読んでみましょうか——
今日しも砂村方面へ卵の買い出しに出かけたが、その帰途に、亀井戸天神の境内にある掛茶屋に立ち寄って、ちょっと足を休めた。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
妙法寺の境内に居た時のように、落合の火葬場の煙突がすぐ背後に見えて、雨の日なんぞは、きない人を焼くいが流れて来た。
落合町山川記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)