“くもん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
苦悶98.6%
公文0.5%
公門0.5%
工門0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
稚児輪姿の牛若丸が笛にしめりを与えると同時に、突然苦悶のさまを現わして、水あわを吹きながら、その場に悶絶いたしました。
空で覚えている一二の実例をいうと、公文すなわち荘園時代の書記役の給田の地を、公文給と呼んでいるのは古い名残であるのに、それを今「九文久」と書いている処がある。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
それほど物の判った人の住んでいた土地である。古老の説では、里ごとに里長一人あり、これを公門というとある。公門はすなわち公文であって、荘園第二級の事務員の名である。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
それほど物の判った人の住んでいた土地である。古老の説では、里ごとに里長一人あり、これを公門というとある。公門はすなわち公文であって、荘園第二級の事務員の名である。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
新野東村下分は一名を工門という。すなわち公文名である。新野西分はすでに慶安四年に上中下の三つに分れておる。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)