“くぜ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
久世88.9%
救世11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
——久世くぜ(大和守)侯から召されまして、蜂谷はちや六左衛門と長沼善兵衛がまいりましたところ、これまでの取次衆は。
……見違えるように元気になったボクさんと、一分の間もボクさんから眼を離さないように、うっとりとその顔ばかり眺めている久世くぜ氏。
それらのなまめかしい救世くぜの情緒は
蝶を夢む (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)