“きりたを”の漢字の書き方と例文
語句割合
伐倒100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
皆之を押臥し其上に木葉或はきて臥床となす、炉をかんとするに枯木どなし、立木を伐倒して之をふ、火容易らず、寒気空腹ぶの困難亦甚しと云ふべし
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)