“きりころす”の漢字の書き方と例文
語句割合
切殺100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なす者の申口に當月廿二日の夜丑滿頃ひ體の者二人をこぢ明て入來り一人は拔身一人は私しをて此療治せ然もなくば切殺と申候にろ無療治致し膏藥
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)