“かんびん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
燗瓶85.7%
煖陶14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と云ううちに小娘は燗瓶かんびんを置いて立上った。ビックリしたらしくバタバタと出て行った。
斬られたさに (新字新仮名) / 夢野久作(著)
爺さんは、うなずいて、銅壺どうこに、燗瓶かんびんを放り込む。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
そばのぜんの上には煖陶かんびんが三本乗っていて、さかずきには酒が残っている。
忘れえぬ人々 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
秋山は火鉢に炭をついで、鉄瓶てつびんの中へ冷めた煖陶かんびんを突っ込んだ。
忘れえぬ人々 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)