“えんざ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
円座85.7%
円坐7.1%
圓左7.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
旗本くずれ、雑多な武家ごろ、医者風、旦那てい、坊主、女など——円座えんざを作って、なぐさみごとに、血眼を闘わせている。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのそば半襦袢はんじゅばん毛脛けずねの男たちが、養蚕ようさん用の円座えんざをさっさっと水に浸して勢いよく洗い立てる。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
一風呂ひとふろあびて円坐えんざを作りゃ、
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
すててこを踊る芸人も、二代目圓左えんざの他にはこの歌六ばかりになったろう、翫之助のではたまらないし。
随筆 寄席風俗 (新字新仮名) / 正岡容(著)