“うんてい”の漢字の書き方と例文
語句割合
雲梯100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雲梯うんてい衝車しょうしゃの新兵器まで押し出して用いた。雲梯——雲のかけはし——とは、高さあくまで高い梯子櫓はしごやぐらである。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
公爵こうしゃくの旧領地とばかり、詳細くわしい事は言われない、侯伯子男の新華族を沢山出しただけに、同じく維新の風雲に会しながらも妙なはずみから雲梯うんていをすべり落ちて
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)