“いさりび”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
漁火94.7%
漁灯5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
静かな庭に、松の影が落ちる、遠くの海は、空の光りにうるがごとく、応えざるがごとく、有耶無耶のうちにかなる、耀きを放つ。漁火は明滅す。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
と、漁火の一つが、動き出した。静かに辷って行く灯を眼で追っていると、小さな浮島の陰に隠れてしまった。
ひとりすまう (新字新仮名) / 織田作之助(著)
偉なる高麗焼の大花瓶に一個の梵鐘が釣ってあり、また、銀の大襖につらなる燭台の数は、有明の海の漁灯とも見えまして、さしも由緒ある豪族の名残はここにもうかがわれる。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)