“葦切”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よしきり50.0%
よしき33.3%
あしきり16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて別封(小説「葦切よしきり」)は佐瀬と申す男の書いたもので、当人はこれをどこかへ載せたいと申しますから『ホトトギス』はどうだろうと思い御紹介致します。
漱石氏と私 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
それが月を越え蘆のたけが伸びて、葉ずれの音がさらさらさらさらとするようになると、あたかもその音を威圧するかのごとき調子で、巣を持つ限りの葦切よしきりがかわるがわる鳴き立てるのである。
明治廿五年ごろには山川の鋭い水の為めにその葦原が侵蝕しんしよくされて、もとの面影がなくなつてゐたのであらうが、それでもその片隅の方には高い葦が未だに繁つてゐて、そこに葦切よしきりがかしましくいてゐるこゑが今僕の心によみがへつて来ることも出来た。
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
あしくさむらの多い下の沢では、葦切よしきりがやかましくいていた。
土竜 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
すげの中からは葦切よしきりの声! と、鉄砲の音がした。
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
葦切あしきりはけゝしとさわぎ、
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)