“梅干”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うめぼし89.5%
うめぼ5.3%
ウメボシ5.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「たしかに家にゐましたよ。でも、梅干うめぼしを貼つて、奧でうなつてゐたから、あつしがお勝手から忍び込んだのも氣がつかなかつたやうで」
釣竿つりざおみたいな物の先に、稗米ひえまい握飯むすび梅干うめぼしの入ったのを一つ、竹の皮にくるんで誰か窓から吊り下げてくれた。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
えらねえぞ仕事しごとりや毎日まえんちかうだ」勘次かんじ梅干うめぼしすこしづゝらした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ごまのふってあるのや、中から梅干うめぼしの出てくるのや、海苔のりでそとを包んであるのや……こんなおいしい御飯を食べたことはないと思うほどだった。
火事とポチ (新字新仮名) / 有島武郎(著)
「朝 ヌク飯三ワン 佃煮ツクダニ 梅干ウメボシ 牛乳一合ココア入リ 菓子パン 塩センベイ……」こういう記事が毎日毎日繰り返される。
備忘録 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)