“布海苔”の読み方と例文
読み方割合
ふのり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
泥色どろいろをした浅草紙を型にたたきつけ布海苔ふのりで堅めた表面へ胡粉ごふんを塗り絵の具をつけた至って粗末な仮面である。
自由画稿 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
——はっと、気がつくと、あたりは暗い。空には、星がまたたいていた。着物は、布海苔ふのりみたいに、れていた。
野槌の百 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
よい加減の厚さになると浅葱あさぎなどに染めたのを上に被せ、薄い布海苔ふのりを引きます。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)