“麻痺剤”の読み方と例文
読み方割合
まひざい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
麻痺剤をもちいて得たような不自然な自負心を感じて、決して私の怠惰からではなく、その習得を抛棄した覚えがある。
如是我聞 (新字新仮名) / 太宰治(著)
麻痺剤、僅かに一条の活路を死路の内に求めて少しの安楽を果敢なさ、それでも生きて居ればいひたい事はいひたいもので、毎日見るものは新聞雑誌に限つて居れど
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
「これは麻痺剤のせいですよ。誰かに一服盛られましたね。すぐ注射をうちましょう」
暗号数字 (新字新仮名) / 海野十三(著)