“鬢挟”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
びんばさみ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鬢挟”を含む作品のジャンル比率
技術・工学 > 家政学・生活科学 > 衣服 裁縫100.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かうがいかんざしは謂ふも更なり、向指むかうざし針打はりうち鬢挟びんばさみ髱挟たばさみ、当節また前髪留といふもの出来たり。
当世女装一斑 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
PR