“鬚茫々”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひげぼうぼう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鬚茫々”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
見れば、熊かと疑うばかりに顔中鬚茫々ひげぼうぼうで、その両眼は炯々けいけいとして野獣のように輝いているという怪人物、身にはよごれきった洋服を着、妙な長細い黒革作りのかばんを肩から吊るしたところの姿にはどこやら見覚えがあった。
地球盗難 (新字新仮名) / 海野十三(著)
PR