“高盃”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たかつき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“高盃”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
やがて女中が高盃たかつきに菓子を盛って運んできた。私たちは長閑のどかな海を眺めながら、絵葉書などを書いた。
蒼白い月 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)