“馬流行”の読み方と例文
読み方割合
うまばやり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
馬も昔は南部の極けた所で五両ぐらいのもの、それが只今は馬流行で、皆さんが乗ってお歩きになりますが、時々横っ倒しに乗っていらっしゃるお方がありまして、危い事で
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)