音色おんしょく)” の例文
そうするとこの缶は形の割合には大きい音をたてて、グワーンと、ややくは鳴り響いているだろう。強く叩けば更に大きい音響を発する。しかしその音色は、いつも同じものである。
振動魔 (新字新仮名) / 海野十三(著)