“鞭声”の読み方と例文
旧字:鞭聲
読み方割合
べんせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鞭声粛々夜河を渡ったの猛烈な謙信勢が暁の霧の晴間から雷火の落掛るようにと斬入った時には、先ず大抵な者なら見ると直に崩れ立つところだが
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
鞭声粛々を渡る」なぞと、古臭い詩の句を微吟したりした。
奇怪な再会 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
鞭声粛々!——
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)