“鞠育”の読み方と例文
読み方割合
きくいく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
質直なる性質眉目の間に現はれて、むかしカムパニアの野邊にありける時、鞠育の恩を受けしドメニカに似たるところあり。
さてまたこの信行であるが、末森城に於て重臣林通勝、柴田勝家等に鞠育されて居たが、老臣共は信長の粗暴を嫌って信行に織田の跡を継せようと企てた。
桶狭間合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
勤は養父が鞠育の恩義を忘れず。すでに華族の爵を継ぐ上は。世襲財産だけ譲り受くべきも。余の遺産は残らず浜子に渡し。心にかないたる中なればとて。
藪の鶯 (新字新仮名) / 三宅花圃(著)