“青石横町”の読み方と例文
読み方割合
あおいしよこちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そいつがどうしても金を返さず、書換もせずに逃げ廻っていたのに、或日青石横町の角で出くわした。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
だから、下谷御徒町青石横町に住む、お坊主頭自宅なんかには、各大名の羽織が何百枚となく、きちんと箪笥に整理されていたもので、まるで羽織専門の古着屋の観
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
さて門を出掛けると、三枝という男が来合せた。僕の縁家のもので、古賀をも知っているから、一しょに来ようと云う。そこで三人は青石横町の伊予紋で夕飯を食う。
ヰタ・セクスアリス (新字新仮名) / 森鴎外(著)